薬剤を注入して亀頭を強化する早漏治療の術後の痛み

2020年2月6日 投稿者: masterad_citizenscienceks

薬剤注入で早漏治療する方法は痛いのか

日本人に多い仮性包茎の場合、メスによる切開を加えないで亀頭増大することで改善を見込める治療にたんぱく質をペニスに直接注射する方法があります。亀頭増大のメリットはペニスのサイズを大きくしたり、見た目を改善するなどの効果にとどまらず早漏治療にも薬脱点にあります。早漏の原因のひとつに亀頭部の接触に敏感すぎることが関与している事例はよくありますが、亀頭増大で戦端を露出させることで仮性包茎を解消し性的接触にも体制を獲得することで早漏の改善も期待できます。
しかし早漏治療の一貫でヒアルロン酸などの注射を亀頭に行うことは、痛いのではないかと、不安を感じるかもしれません。確かに注射針を挿入するのでそのままでは痛いと感じるのは当然です。ただヒアルロン酸などを注射するにしても、包茎手術同様に事前に麻酔を行うので、術中に痛い思いに絶える必要はありません。注射針も細いものが実用化されているため、痛みを我慢するリスクは心配するまでもないのが一般的です。

薬剤注入の述術後の痛み

早漏治療のために亀頭増大手術をする際には事前に局所麻酔を行います。局所麻酔はペニスの根元に行いますが、歯科治療での麻酔に比較しても痛みの程度ははるかに軽くなっています。痛みに不安が強い方の場合、麻酔注射の痛みをおさえるために、スプレー式の事前麻酔で痛い不安に対応することも可能です。ところが麻酔には持続時間があるので術後、麻酔が切れてきたときに痛い思いをしなければならいのでは、と不安を抱く向きもあります。
確かに早漏治療のためのヒアルロン酸注射の麻酔が切れると術後の痛みを完全に無くすのは困難です。ただ術後の痛みには、鎮痛剤を服用することで十分コントロールすることが出来ます。術後1週間ほどは消毒や抗生剤の内服など、回復のためのケアを怠らないことで乗り切るのはさほど難しいことではありません。性行為もキズの回復が早い方では術後2週間ほど、長くても4週間ほどで支障なく行えるようになります。

まとめ

仮性包茎の方では早漏治療のために、ヒアルロン酸やコラーゲンなどをペニスに注入して亀頭増大させる治療が行われることがあります。切開を加えるわけではありませんが、痛みを制御するために術前に麻酔をペニスの根元に注射するので術中の痛みはありません。早漏治療のヒアルロン酸注射などの術後は麻酔が切れてくると若干の痛みや出欠のリスクはありますが、鎮痛剤や抗生剤の内服や、述部周辺の消毒などを1週間ほど注意すれば、十分乗り切ることが可能になっています。